買い物かご
99
人気ワード
【生花】カーネーション エクセリアの全体写真

【生花】カーネーション エクセリアの概要

  • 長さ
    60cm
  • 産地
    愛知県
  • 生産者
    いわせ花園
  • 出荷時期
    通年
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    母への愛、純粋な愛

カーネーション エクセリアの商品説明

  • カーネーションの王道「剣弁咲き」のフリルが美しい花形です。
  • 水上がりが良く、花もちが良い品種です。
  • 茎が折れやすい点には注意が必要です。
  • ガクの部分が茶色くなっている場合がありますが、品質に問題ありません。
  • 開花に伴い、ガクの部分が裂けてしまう場合があります。
  • 小さな葉が複数ついていますが、乾燥しやすく傷みやすいため、取り除くことをおすすめします。
  • 仕入れ状況により産地が変わる場合がございます。予めご了承ください。

商品特性

【生花】カーネーション エクセリアの商品特性
  • 茎が節の部分で折れやすいため、優しく丁寧に取り扱いましょう。
  • 花びらの枚数・花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。
  • 入荷状況によりつぼみの固さが異なります。時期や気温などにより毎回一定ではありません。
  • つぼみが固いもの、ゆるめのものが1束の中に混ざっている場合があります。

開花について

  • 入荷時は基本的に、花びらの巻きが覗く程度のつぼみ、または咲き始めの状態です。
  • 開花輪が必要な場合は、お手元で咲かせる時間も念頭に入れてご注文ください。

季節による品質・サイズの違い

  • 夏場(6月~9月)は花びらの枚数が少なく、花自体も小さくなる傾向にあります。

産地・生産者「愛知県・いわせ花園」

愛知県のいわせ花園では、スタンダード・スプレー含めた品種のカーネーションを生産しています。こだわりは、発色のよいカーネーションを生産すること。微量要素肥料や葉面散布にこだわることで、色がきれいに出るよう調整しています。

出荷時には経営者が直接チェック・選別をしているため、品質が安定しているのも大きな強み。毎年栽培技術や資材を更新することで、今以上に日持ちのよいカーネーション生産を目指しています。

カーネーション エクセリアの水揚げ方法

水切り

水切り

茎を水につけた状態でカットします。なるべく深いところで切ると水圧がかかり水が上がりやすくなります。

おすすめの水揚げの仕方
  • 水に浸かる部分の葉は取り除きます。
  • 茎を水中の深いところまでつけ、節のすぐ上を斜めにカットしましょう。切り口から節までの距離が長いほど、よく水を吸ってくれます。
  • 茎を切り戻した後は、適量の水に生けて管理してください。

【生花】カーネーション エクセリア

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
5本~¥143
10本~¥121
30本~¥107
¥121
/1本あたり
在庫:
販売期間
2023/10/03
2024/06/21
お届け可能最終日
2024/06/29