買い物かご
99
人気ワード
【生花】デルフィニウム・スプレー(紫) 品種おまかせの全体写真
品種おまかせの商品は、色の濃淡やサイズはお選びいただけません。商品画像は一例としてご確認ください。お花の色のみご指定いただけますが、ご注文本数の中に複数の品種が混ざる場合がございます。

【生花】スプレーデルフィニウム(紫) 品種おまかせの概要

  • 長さ
    50cm
  • 産地
    北海道
  • 生産者
    JAびほろ・JA豊橋
  • 出荷時期
    10月~6月
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    高貴、壮大な心

デルフィニウム・スプレー(紫)の商品説明

  • 小さな花をたくさんつけた、スプレー咲きのデルフィニウム。紫色の花びらの商品となります。
  • 品種おまかせの商品ですので、色味などが商品画像と異なる場合があります。画像は入荷商品の一例としてご確認ください。
  • 草丈が長くすっと伸びており、さまざまなアレンジで活躍します。
  • 茎が細く折れやすい点にはご注意ください。

商品特性

【生花】デルフィニウム・スプレー(紫)の商品特性
  • 葉や小さいつぼみを残しておくと、水が下がりやすくなります。適宜取り除いてご使用ください。
  • 花びらの枚数・花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。
  • 入荷状況によりつぼみの固さが異なります。時期や気温などにより毎回一定ではありません。
  • つぼみが固いもの、ゆるめのものが1束の中に混ざっている場合があります。
  • 夏場の入荷の場合、色がやや濃くなる傾向があります。

開花について

  • 入荷時は基本的につぼみまたは咲き始めの状態です。
  • 開花輪が必要な場合は、お手元で咲かせる時間も念頭に入れてご注文ください。

産地・生産者「北海道・JAびほろ」

北海道の美幌町にあるJAびほろは、夏場のデルフィニウムの主力産地として知られています。もともとはカーネーションやトルコキキョウ、スターチスを中心に取り扱っていましたが、平成12年よりデルフィニウムの生産をスタート。出荷先の市場でも高い評価を得るようになり、のちにデルフィニウムが主力品目となりました。 現在は生産者10名ほどで、年間約35万本のデルフィニウムを生産。一重咲き・スプレータイプの「シネンシス系」、八重咲き・一本立ちタイプの「エラータム系」、一重咲きでラッパのような形をした「ベラドンナ系」と大きく3種類のデルフィニウムを生産しており、冠婚葬祭を中心に高い需要があります。

デルフィニウムの生産においては、ハウス内の温度管理や害虫対策、うどんこ病の防除対策が重要です。長年の経験や農業改良普及センターからの指導により、管理方法や対策のタイミングを適切に見極めており、品質の高いデルフィニウムが生産できる結果につながりました。研修会や講習会なども積極的に開催し、生産者一同、栽培技術や知識の向上に努めています。

産地・生産者「愛知県・JA豊橋」

JA豊橋がある愛知県では、一重咲き(シネンシス系)のデルフィニウムを中心に栽培しています。デルフィニウムの出荷量・品質は全国でもトップレベル。8.3haの作付面積で、年間約600万本以上のデルフィニウムを生産・出荷しています。

デルフィニウムは気温が高い場所で苗を育てると、生育不良を起こしやすくなる点が懸念とされてきました。JA豊橋では元気な株を育てるため、高冷地で育った苗を使用。さらに、下葉を丁寧に取り除きながら栽培することで、株元に十分な光が当たり、多くの花を咲かせることに成功しています。

もともと日持ちしづらいデルフィニウムですが、鮮度保持剤を利用することで、鑑賞期間の長い花を育てることができるようになりました。JA豊橋では鮮度保持剤を利用したうえで、茎を水につけたまま市場に届ける湿式輸送を採用。これらの工夫により、鮮度の高いデルフィニウムをお客様のもとへ届けています。

デルフィニウム・スプレー(紫)の水揚げ方法

湯揚げ

湯揚げ

切り戻した茎を沸騰した湯に10秒程度浸けると、茎の中の空気が外に出て水が上がりやすくなります。

おすすめの水揚げの仕方
  • 不要な葉や小さなつぼみは取り除いておきます。
  • 新聞紙で茎と花を巻き、茎をカットします。カットした切り口はすぐ熱湯につけましょう。
  • 湯揚げの後は冷水につけて水上がりを待ちます。

【生花】スプレーデルフィニウム(紫) 品種おまかせ

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
10本~¥245
20本~¥185
30本~¥175
¥185
/1本あたり
在庫:
販売期間
2024/03/14
2024/06/21
お届け可能最終日
2024/06/29