買い物かご
99
人気ワード
【生花】スターチス 品種おまかせ(黄)の全体写真
こちらの商品はお花の色のみご指定いただけます。ご注文本数の中に複数の品種が混ざる場合がございます。

【生花】スターチス(黄) 品種おまかせの概要

  • 長さ
    50cm
  • 産地
    和歌山県
  • 生産者
    JA紀州
  • 出荷時期
    10月~6月
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    誠実、愛の喜び

スターチス(黄)の商品説明

  • 黄色のスターチス。花もちが非常に良く、色あせにくいことからドライフラワーとしても人気です。
  • 水につけた部分の茎は傷みやすくなります。
  • 品種おまかせの商品ですので、商品写真は一例としてご確認ください。
  • 仕入れ状況により産地が変わる場合がございます。予めご了承ください。

商品特性

【生花】スターチス 品種おまかせ(黄)の商品特性
  • 水につけた部分の茎は傷みやすくなるため、浅水で管理しましょう。
  • 花びらの枚数・花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。

開花について

  • 開花した状態での入荷となります。

産地・生産者「和歌山県・JA紀州」

JA紀州が手がけるスターチスの主産地は、御坊市名田地。温暖な気候と日照時間の長さに恵まれ、花の栽培に適した地域です。約30年前にスターチスの栽培を始め、現在生産している品種は約60種類ほどとなりました。合計約54haの敷地内で、紫・青・ピンク・黄色・白など豊富な色のスターチスを栽培しており、現在ではスターチスの生産量日本一。さらに定番品種のほか、キシュウFイエロー(紀州ファインイエロー)、キシュウFパープル(紀州ファインパープル)などのオリジナル品種も生産しています。

JA紀州ではハウス栽培で8月下旬~9月上旬に苗を植え付け、10月下旬~6月中旬ごろに収穫・出荷を行っています。安定した出荷量・品質を維持し続けており、市場からも高い評価を得ています。

スターチス(黄)の水揚げ方法

水切り

水切り

茎を水につけた状態でカットします。なるべく深いところで切ると水圧がかかり水が上がりやすくなります。

湯揚げ

湯揚げ

切り戻した茎を沸騰した湯に10秒程度浸けると、茎の中の空気が外に出て水が上がりやすくなります。

おすすめの水揚げの仕方
  • 水中で茎を斜めにカットします。斜めに切ることで断面が大きくなり、水を吸いやすくなります。
  • 水につかった茎は傷みやすくなるため、浅水につけておきましょう。
  • 花に元気がない場合・水が下がってしまった場合は新聞紙で巻き、湯揚げをしたあと浅水につけておきます。

リモニウム

【生花】スターチス(黄) 品種おまかせ

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
5本~¥113
10本~¥83
30本~¥80
¥83
/1本あたり
在庫:
最低購入額:565円(113円×5本)
販売期間
2023/08/25
2023/10/20
お届け可能最終日
2023/10/29