買い物かご
99
人気ワード
【生花】スターチス 品種おまかせ(赤)の全体写真
品種おまかせの商品は、色の濃淡やサイズはお選びいただけません。商品画像は一例としてご確認ください。お花の色のみご指定いただけますが、ご注文本数の中に複数の品種が混ざる場合がございます。

【生花】スターチス(赤) 品種おまかせの概要

  • 長さ
    50cm
  • 産地
    長野県
  • 生産者
    JA信州諏訪
  • 出荷時期
    5月~12月
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    変わらぬ心、途絶えぬ記憶

スターチス(赤)の商品説明

  • 赤色のスターチス。花もちが非常に良く、色あせにくいことからドライフラワーとしても人気です。
  • 水につけた部分の茎は傷みやすくなります。
  • 品種おまかせの商品ですので、商品写真は一例としてご確認ください。
  • 仕入れ状況により産地が変わる場合がございます。予めご了承ください。

商品特性

【生花】スターチス 品種おまかせ(赤)の商品特性
  • 水につけた部分の茎は傷みやすくなるため、浅水で管理しましょう。
  • 花びらの枚数・花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。

開花について

  • 開花した状態での入荷となります。

産地・生産者「長野県・JA信州諏訪」

長野県のJA信州諏訪では、5月~12月にかけて一年草スターチスを、5月~6月にかけて宿根スターチス(サマーチェリー)を出荷しています。一年草スターチスについては、主力の紫色の品種のほか、ピンク・黄色・オレンジ・白など多品種を栽培。いずれも発色がよく色鮮やかな花色が特徴的です。

宿根スターチスに関しては、定番の一重咲き品種のほか、華やかな八重咲きの品種も作付け。さらに、ハイブリッド系スターチスの栽培も手がけており、初夏を中心に出荷しています。

スターチスといえば、茎や葉が夏場に変色しやすく、品質保持が難しいことが課題とされてきました。しかしJA信州諏訪では、全出荷物に前処理を施すことで、日持ちしやすいスターチスの生産を実現しています。管内の全生産者で前処理の方法・効果を共有し、より付加価値の高いスターチスを全国に届けられるよう、日々努力を重ねています。

スターチス(赤)の水揚げ方法

水切り

水切り

茎を水につけた状態でカットします。なるべく深いところで切ると水圧がかかり水が上がりやすくなります。

湯揚げ

湯揚げ

切り戻した茎を沸騰した湯に10秒程度浸けると、茎の中の空気が外に出て水が上がりやすくなります。

おすすめの水揚げの仕方
  • 水中で茎を斜めにカットします。斜めに切ることで断面が大きくなり、水を吸いやすくなります。
  • 水につかった茎は傷みやすくなるため、浅水につけておきましょう。
  • 花に元気がない場合・水が下がってしまった場合は新聞紙で巻き、湯揚げをしたあと浅水につけておきます。

リモニウム

【生花】スターチス(赤) 品種おまかせ

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
5本~¥159
10本~¥142
30本~¥133
¥142
/1本あたり
在庫:
最低購入額:795円(159円×5本)
販売期間
2023/11/06
2024/03/21
お届け可能最終日
2024/03/29