買い物かご
99
人気ワード
【生花】ガーベラ(ポンポン咲き) キューピッドの全体写真

【生花】ガーベラ(ポンポン咲き) キューピッドの概要

  • 長さ
    60cm
  • 産地
    静岡県
  • 生産者
    JAハイナン
  • 出荷時期
    通年
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    感謝、熱愛、思いやり

ガーベラ(ポンポン咲き) キューピッドの商品説明

  • 可愛らしいボールのようなフォルムが特徴のポンポン咲きの品種です。
  • 花びらがぎっしりと重なり合って咲いており、ボリューム感があるお花です。
  • 温かみのある鮮やかなピンク色で明るい印象です。
  • 仕入れ状況により産地が変わる場合がございます。予めご了承ください。

商品特性

【生花】ガーベラ(ポンポン咲き) キューピッドの商品特性
  • 茎に含まれる水分量が多く繊毛があるため、茎が腐りやすい性質があります。
  • 水につかった部分の茎は腐りやすいため、少なめの水で管理しましょう。
  • 水を汚しやすいので、水替えはこまめに行いましょう。
  • 花びらの枚数、花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。
  • 耐暑性・耐寒性はやや弱い傾向にあります。
  • 高温期・湿度が高い梅雨時期や夏場などは、花芯にカビが発生するリスクが高まります。
  • 出荷時は問題がなくても配送中にカビが広がってしまう可能性もございます。

産地・生産者「静岡県・JAハイナン」

静岡県中部にあるJAハイナン。

静岡県は、日本におけるガーベラの生産量の3割以上を占めるほど栽培が盛んなエリアです。
温暖な気候と長い日照時間が、ガーベラ栽培を手助けしています。

「より良い品質」=「より良い日持ち」という考えを持つハイナン。 出荷前には、独自の水揚げ剤で前処理を行い、鮮度のいい状態で手元に届くようひと手間を加えています。

また、配送方法にも独自のこだわりを持っており、市場に出荷するまで、縦置き管理を徹底しています。 一般的には横に寝かせた状態で出荷を行うガーベラですが、縦置き管理にすることで、花首がまっすぐ伸びた美しい状態を保ちます。

ガーベラ(ポンポン咲き) キューピッドの水揚げ方法

水切り

水切り

茎を水につけた状態でカットします。なるべく深いところで切ると水圧がかかり水が上がりやすくなります。

おすすめの水揚げの仕方
  • 水中で茎の先端をハサミでカットします。
  • 切断面が大きいと茎が腐りやすく、水を汚しやすくなります。斜めではなくまっすぐカットしましょう。
  • 浅水につけて2~3時間程度、茎が固く元気に立つまで水揚げをします。

【生花】ガーベラ(ポンポン咲き) キューピッド

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
5本~¥142
10本~¥121
30本~¥110
¥121
/1本あたり
在庫:
販売期間
2023/11/14
2024/06/21
お届け可能最終日
2024/06/29