買い物かご
99
人気ワード
【生花】ユリ(オリエンタル) ホワイトトルネードの全体写真

【生花】ユリ(オリエンタル) ホワイトトルネードの概要

  • 長さ
    90cm
  • 産地
    新潟県
  • 生産者
    JA新潟かがやき
  • 出荷時期
    通年
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    尊厳

ユリ(オリエンタル) ホワイトトルネードの商品説明

  • 八重咲きタイプのオリエンタルユリ。花びらが幾重にも重なり、上品かつ豪華な品種です。
  • 甘く爽やかな微香があります。
  • 花粉が少なく、扱いやすい品種です。
  • 一重咲きのユリに比べてつぼみが大きく重みがあるため、折れが発生しやすくなります。商品特性としてご了承ください。
  • 仕入れ状況により産地が変わる場合がございます。予めご了承ください。

商品特性

ユリ(オリエンタル) ホワイトトルネードの商品特性
  • つぼみから開花するまでに時間がかかる場合があります。開花を速めたい場合はぬるま湯での深水をお試しください。
  • 外側の花びらが茶色くなりやすい特性があります。
  • 花びらの枚数・花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。
  • 入荷状況によりつぼみの固さが異なります。時期や気温などにより毎回一定ではありません。
  • つぼみが固いもの、ゆるめのものが1束の中に混ざっている場合があります。

開花について

  • つぼみの状態で入荷します。
  • 開花輪が必要な場合は、お手元で咲かせる時間も念頭に入れてご注文ください。

産地・生産者「新潟県・JA新潟かがやき」

広大な平野を活かし、多数の花き栽培を手がけているJA新潟かがやき。 特にチューリップの生産地として有名ですが、品質の高いユリの生産も行っています。

JA新潟かがやきでは、14人の農家が生産に携わっており、大輪で華やかなオリエンタルユリを中心に、年間約80万本のユリを全国各地に出荷しています。 出荷前にはつぼみの形状、茎の硬さ、葉に障害物がないか等、入念な選定を行い、高品質なユリの出荷を安定的に行っています。

ユリ(オリエンタル) ホワイトトルネードの水揚げ方法

水切り

水切り

茎を水につけた状態でカットします。なるべく深いところで切ると水圧がかかり水が上がりやすくなります。

おすすめの水揚げの仕方
  • 開花を遅らせたい場合は、葉を取らず、水につけない状態で低温管理しましょう。温度は5℃程度がベストです。
  • 開花を促進させる場合は、不要な葉を取り除き、水切りをしてから深水につけておきます。
  • 気温の低い冬場などは、ぬるま湯につけておくことで水を吸い上げやすくなります。

【生花】ユリ(オリエンタル) ホワイトトルネード

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
5本~¥1,350
10本~¥950
30本~¥850
¥950
/1本あたり
在庫:
販売期間
2024/06/26
2024/07/29
お届け可能最終日
2024/08/03