買い物かご
99
人気ワード
【生花】バラ テナチュールの全体写真

【生花】バラ テナチュールの概要

  • 長さ
    60cm
  • 産地
    茨城県
  • 生産者
    小松薔薇園
  • 出荷時期
    通年
  • 栽培環境
    ハウス栽培
  • 花言葉
    愛、美

バラ テナチュールの商品説明

  • ややブラウンがかった色味をしたアンティーク調のバラです。
  • 花びらの先にフリンジが入っており、繊細かつ華やかな雰囲気があります。
  • 花びらが厚いタイプの品種で、花もちに優れているため、アレンジメント向きの花材です。
  • ほのかに紅茶を連想させるようなティーの香りがします。
  • 仕入れ状況により産地が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。

商品特性

【生花】バラ(スプレー) テナチュールの商品特性
  • 外側の花びらはバラが成長する過程で傷ついてしまうため、カットしてご使用ください。
  • 花びらの枚数・花の大きさには個体差がありますので、予めご了承ください。
  • 入荷状況によりつぼみの固さが異なります。時期や気温などにより毎回一定ではありません。
  • つぼみが固いもの、ゆるめのものが1束の中に混ざっている場合があります。
  • つぼみが少ないように見えても、開花すると形が整う場合が多いです。

開花について

  • 入荷時は基本的につぼみです。開花輪が必要な場合は、お手元で咲かせる時間も念頭に入れてご注文ください。
  • 季節(気温)やつぼみの状態により、お届け時に咲いている可能性もございます。予めご了承ください。

産地・生産者「茨城県・小松薔薇園」

茨城県の小松薔薇園では、全10種類以上のバラ栽培を手がけています。栽培方法は、ロックウールでの水耕栽培。余分な茎を折り曲げて光合成を促す「アーチング」と呼ばれる手法を使っています。ロックウールにバラを植える際には、一般的な2列配置ではなく、1列に配置しているのが特徴。どの角度からでもバラに光が当たるため、品質の個体差が出づらくなっています。

また、病気や品質低下への対策も徹底してきました。栽培中は薬剤を使用し、バラの大敵であるうどんこ病を予防。採花後はバラの鮮度が長持ちするよう、エチレン除去の前処理を行っています。

バラに特化した丁寧な栽培を行うことで、毎年安定した品質の花を出荷しています。

バラ テナチュールの水揚げ方法

湯揚げ

切り戻した茎を沸騰した湯に10秒程度浸けると、茎の中の空気が外に出て水が上がりやすくなります。

水揚げ剤

水揚げ剤

水が下がりやすい花や、水が上がりづらい花は、水揚げの際に水揚げ促進剤の使用をおすすめします。

おすすめの水揚げの仕方
  • 不要な葉とトゲは先に取り除いておきます。
  • トゲはハサミやナイフでカットしてください。手でトゲを折ると茎が裂ける場合があります。
  • 花が新鮮な状態の場合、水切りをし、水揚げ促進剤に数秒つけてから深水につけておきましょう。
  • 花びらにハリがない場合やベントネックしている場合は、新聞紙に巻いた状態で湯揚げし、水が上がるまでじっくりと深水につけておきます。

【生花】バラ テナチュール

※この商品は、購入数量によって単価が異なります。
購入数量単価(税込)
5本~¥245
10本~¥191
30本~¥180
¥191
/1本あたり
在庫:
販売期間
2024/03/04
2024/04/19
お届け可能最終日
2024/04/28